MENU

人生でなりたい自分を演じる考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200605075418j:plain

自分が叶えたい理想が分からない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

目次

 

今と理想のギャップをとらえる

今の自分は何を求め続けているのか。

その心の声と、正面から向き合って自分なりの答えを導く必要がある。

現代社会には多様な価値観が存在しているので、確固たる答えは存在していない。

そのような状況にあって、自分がやりたいことを見つけ出していく。

本気になってやりたいことを見つける事は、それが自身の理想の姿となっていく。

自分がなりたい理想があれば、まずその理想を実現する振る舞いをやってみる。

実際にやってみることで、自分の夢が実現したと錯覚できる。

そこを明確にとらえることで、今と理想の相違点を具体的に見つけられる。

その際は、明確な言葉で書き出してみることが最適な方法となる。

言葉として表現した点があれば、それを今一度、細分化して考えてみよう。

 

今の自分の状況はどういうものか

自分の状況を把握する事は、今とこれからに大きな変化を与えてくれる。

自分と言う存在は、現代社会でどういう佇まいをしているのか。

その自分自身のあり方を見つめ直す事は、自分の素直な心と膝を突き合わせて対話することを意味する。

自身の心を細分化して考え続ける。

それによって、自分がやるべきことが明確になっていく。

誰かと自分を比べることなく、自分自身の一人の感覚と向き合い続ける。

その姿勢を忘れなければ、誰かに劣っていると言って、自分の肯定感を下げることをしなくて済む。

自分は自分として、まっすぐに前を向いて歩んでいけばよい。

 

理想の自分はどうありたいのか

これからの自分がどうなりたいのかを知ることで、今からの行動を変えられる。

行動を変えることで、現実世界の自分自身を革命することができる。

その革命は決して大きなものである必要は無い。

日ごろの1ミリの行動であったとしても、最後には大きな結果につながっていく。

前に向かって一歩踏み出せば、その歩みは自分の目的に向かって到達することができる。

行動するかしないかは、自分の意思で決めることができる。

自分の未来を信じることで、未来の自分に幸せをプレゼントできるようになっていく。

 

まとめ

自分がなりたいことがあれば、それを叶えるために自分自身を少しずつ変える必要がある。

心から求める自分の姿があれば、それに近づけるように日々行動を積んでいこう。

行動を積み上げることで、それが自分の中で確かな自信として積み重なる。

その自信は、理想の自分を「演じる」ことを意味する。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる