MENU

人生で人間性が現れる考え方3選

 

f:id:mubou_rakuzi:20200513091726j:plain

 

 

目次

 

人はそれぞれの感性がある

f:id:mubou_rakuzi:20200513091727j:plain

人間が生きていれば、個々人の生き方がある。

多様な感性が存在する中で、何を正解にするかはその人次第。

どれが正解だと他者と正論で勝負する必要はない。

正論を持ち出して人間関係を作る必要もない。

それぞれの意見をぶつけ合うことをしないで、人しての感性を自由に信じることが大切になる。

自分が信じるものを信じる。

それと同時に、相手の考え方も尊重する。

絶対的な正解は存在しないので、気負って生きる必要はない。

人生は誰かと競争するものじゃない。

競争から得られるものは、何もない。

自分としての感性を心で大切にしよう。

 

感性を知ることで人生を見据える

f:id:mubou_rakuzi:20200513091719j:plain

自分の感性はどんなカタチをしているか。

感性とは感覚的な部分であるから、確実なものは目には見えない。

見えないものこそ、人生の本質がグッと表現される。

視覚で認知できないことを、心で大切にすることで自分が生きる道が明るくなる。

他者の感覚を知ることも大事だが、まず自分の感覚を知ることから大切にしたい。

何を自分が求めているのか。

そこを自分で知ることで、自分の生き方を明確に理解できるようになる。

生き方は自分が信じることを心で受け止め、すべてを肯定して歩んでいこう。

歩んでいく先に、自分が心から求める世界に辿り着ける。

 

人生は人間性で決まる

f:id:mubou_rakuzi:20200513091716j:plain

自分の心を知ることで、自分の生き様を決めていく。

心があってこそ、その人の人生が前に向かって進んでいく。

心のあり方を自分で把握することは、自分としての人間性を認知することに繋がっていく。

自身の人間性を認知することで、次第に自分がやりたいことが鮮明な景色となって現れる。

その感覚を自分で確かめることで、得られる瞬間がある。

掴める瞬間は、自分で実感して自身で楽しもう。

人間性という抽象的な言葉には、その人次第で自由に選べるという意味が含まれる。

その人が心で信じるものが、それぞれの人間性を形成していく。

その繰り返しでこそ、人間性あっての人生を謳歌できる。

 

まとめ

人の一生は長いようで短い。

人生には必ず終わりが待っている。

その終わりに向かって、自分は日々何ができるかを考えていく。

考える過程を経て、自分らしい生き方を再現できるようになる。

理想の感覚を再現し続けるために、自分ができることを大切にしていく。

人として何ができるか。

そこをじっくりと自問することで、生きていく道標を確立できるようになる。

人間としての魅力が、その人の人生を築き上げる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる