MENU

生きることを立ち止まる。立ち止まって考えるためのコツ3選

f:id:mubou_rakuzi:20200430212909j:plain

 

どう生きるかを考える。

それは誰もが通る道。

その道があればこそ、人は前に進んでいける。

何も目的がないなら作れば良い。

何も目的を持ちたくないなら、何も持たなければ良い。

あなたがどんな生き方を実現させたいか。

 

 

 目次

 

どの生き方も正解

f:id:mubou_rakuzi:20200309211749j:plain

人が生きることは、それでその人の人生が作られていく。

作られる人生の中で、何を求めるか。

それは自分自身の心が知っている。

自分の心に問いかけ続ければ、その問いかけは返ってくる。

返ってきた問いかけに対して、自分がどう感じるか。

その感性と感覚を日々磨いておくこと。

磨かれたことで研ぎ澄まされるようになる。

誰の生き方が正しいとか、そんな次元の話ではない。

自分の生き方は自分で決める。

シンプルに考えて、それだけを胸に刻んでおきたいポイント。

世の中が用意してくれる正解はない。

それは答えのない答え探しのようなもの。

永久に全人類が求める正しさは存在しない。

だから、肩の力を抜いて自分の生き方を貫く。

それで今までに見えなかった景色や感覚を手にできる。

間違いなんて、そもそもないから萎縮しなくて良い。

萎縮するより、自分の人生を歩んでいく方が先決。

 

絶対的な生き方はない

f:id:mubou_rakuzi:20170319170558j:plain

生きることは、何も恥じることはない。

絶対を求める思考を捨て去ってこそ、自由な発想で今を生きられる。

自由な発想があることで、常識に固定されない生き方を体現できる。

体現できれば、その瞬間から自分の人生は楽しめる。

他者と比較したり、他者の言動に一喜一憂されるようなメンタルじゃなくなる。

絶対的な生き方が存在しないから、今の自分の生き方は間違っていない。

間違っていないから、何も恐れる必要はない。

 

自分が信じる生き方をする

f:id:mubou_rakuzi:20200430212914j:plain

他者からの評価に左右されないで、確固たる自分を持つ。

たったそれだけで、人生は劇的に幸せさを感じられる。

幸せであることが生きる目的。

その目的を見失って、何も行動する気力が失ってしまっている人。

人生は目の前のことだけで完結しない。

もっと長い目で自分の人生を見据えてみる。

それで絶望を希望に変えることができるし、他者の世界に飲み込まれる心配もなくなる。

自分が信じる生き方を、愚直に実践できるのがこの世界のメリット。

 

まとめ

いま起こっていることが人生の全てならば、何も楽しめない。

楽しめないなら、それで人生は終わってしまう。

生きる目的は何だって良い。

立派である必要もないし、自分がやりたいことを純粋に貫けば良い。

シンプルに考えることだけで、豊かな生き方を実践できる。

主観的な視点だと、少なからずの絶望を嫌でも感じるようになる。

落ち着いて客観的な心で、自分の人生と向き合ってみる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる