MENU

自分は生かされているという考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200703110831j:plain

自分が生かされている心地が感じられない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

  1. 人は一人では生きていけない
  2. 他者を大切にする心を持つ
  3. 人は社会の中で生きている

 

人は一人では生きていけない

人生を過ごす中で、自分一人でできる事は限られている。

幅広い可能性を満喫するためには、自分以外の他者の力を信じることが欠かせない。

多様な考え方があるからこそ、自分が知らないことをカバーしてくれる。

食事をするにしても、食べ物を生産してくれる人がいて成り立つ。

仕事であっても、人の悩みを解決してくれる組織がある。

そのように、人は実に多様な価値観の中で生かされている。

ただ、周囲の人に依存し続けてはいけない。

自分の意思を明確に持って、自分らしい生き方を体感していこう。

しかし、現代社会は周囲に対する感謝の念を忘れかけている。

今の時代は個人の自由である風潮が漂い、人に対する優しさが欠けてきた。

改めて、今の自分は生かされていると言う感覚を持つことで、今を感じる世界観が変わってくる。

 

他者を大切にする心を持つ

相手のことを尊重する姿勢は、この社会で生きていく中で外せない。

人と人が関わることで、人は人間としての優しさを持てる。

それと同時に、人として大事なものに気づくことができる。

人生で大切な事は、簡単に評価できるものではない。

相手に対する思いやりの気持ちがあれば、人は人としての幸せさを実感できる。

相手の気持ちや思いを想像することで、自分が今からできることが見えてくる。

相手に向けた感謝の気持ちが、自分と相手に幸せを運んでくれる。

自分よがりな幸せは、それはいずれ破綻することとなる。

 

人は社会の中で生きている

人は常に誰かに生かされている。

その視点と意識を外さないことが、人生における喜びを感じ取れる。

人としての幸せさは、人によって異なってくる。

どういった瞬間に幸せを感じれるかは、その人の気持ち次第になる。

その気持ちになれるかどうかは、人との関わりの中にある。

自分ができることを、相手に対して与え続けていく。

その姿勢を忘れないことが、社会の中で感謝して生きることになる。

人が生きる事は、自分一人では完結することができない永遠のテーマになってくる。

 

まとめ

自分は誰かに生かされていると言う感覚は、日常を生きる中で薄らいでしまうもの。

その感覚を見つめ直すことが、自分の幸せにつながっていく。

自分が幸せになれば、相手のことも幸せにすることができる。

それと同時に、相手が幸せになれば、自分自身も幸せになれる。

その循環を途絶えることなく、人の幸せを願い続けていこう。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる