MENU

自分の生き方を自分で守る考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200620164818j:plain

自分の人生を誰かが守ってくれない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

 

目次

自分の生き方は自分で決められる

自分を経営するのは自分自身

誰かがいつも助けてはくれない

 

自分の生き方は自分で決められる

人に何を言われようとも、自身の人生の理想郷は自分で描ける。

人生に万人に受け入れられる正解はないし、どれが絶対的な回答かは誰にも分からない。

誰かが自分の人生を、明瞭に描いてくれるわけじゃない。

自分自身でどう生きるかを決めることが、人生と言う深い醍醐味となる。

自分の自由を実現させることに、人生の深みと面白さが待っている。

人が生きていれば、その数ほど無数の人生観が存在する。

どういったものであっても、それは貴重な価値観。

人の価値観は、その当事者である人間が最も理解しているから、他社が勝手に口出しする権利は無い。

その人が納得する生き方であれば、それは批判されるものではない。

自分の生き様は、自分自身が考えたことで表現される。

 

自分を経営するのは自分自身

現代社会は常に不況だと言われ、毎日数多くの企業が苦境に立たされている。

会社が存続するか倒産するかは、その会社次第である。

苦境にあえいでいる会社のために、再生するための力を提供してくれる会社はどれほどあるか。

実際は皆無に等しい。

世の中は自分自身の問題で手がいっぱいになっている。

会社でなくても、人間でも同じことが言える。

自分じゃないタ他者が、自分の生き方を守ってくれる保証はない。

自分自身の事は、自分自身で解決する気概が求められている。

現場を変化させる気概がなければ、いくら知識やスキルがあっても効果的に機能しない。

現状を破るためには、成長するためのマインドがいつも土台にある。

 

誰かがいつも助けてはくれない

他者に初めから助けてくれることを期待しないで、自分自身で解決できる力を養う。

人のことを信頼するのは、人として生きていく中で大切な要素。

人の存在や感情を受け止めることで、人間としての成長を期待することができる。

それと同時に、自分の能力を常に磨き続ける姿勢がこれからの時代には求められていく。

自分でコントロールできることに集中することで、自分が生きる安心感を育てられる。

外部にばかり頼っていては、その外の力がなくなった瞬間にどうやって生きればよいのかが見えなくなる。

その瞬間に人は極度の不安にさいなまれる。

今を変えられるのは、紛れもなく、自分自身。

 

まとめ

自分がやりたいことがあれば、その気持ちに正直になっていこう。

自分の人生の主役は、不特定多数の誰かではない。

己の人生は自分で実現させる勇気を持つことで、簡単に絶望しないマインドを身に付けられる。

 

  

最後までありがとうございます!