MENU

時間が足りない時の考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200505090820j:plain

 

 

目次

 

時間があったら何をやりたいか

f:id:mubou_rakuzi:20200505090807j:plain

自分の人生の中で、本気になってやりたいこと。

それがあれば、それをやるために時間を捻出する。

その積み上げでこそ、自分の人生をより豊かに生きられる。

豊かに生きるために、時間を作って自分が納得する時間の過ごし方をすることが大切。

自分が限られた人生で何をやりたいか。

そこを明確に捉えることで、自分の人生を明確に歩める。

自分がやりたいことをやることが、主体的に自分の人生を進むことを意味する。

時間があっても、何もやることがないなら無の時間となる。

何を自分がやりたいのか、そこを明確に自分で決めてみよう。

 

時間がどれくらい必要なのか

f:id:mubou_rakuzi:20200505090815j:plain

好きなことをやるための時間。

それを確保することで、得られる感情がある。

自分の感情に素直になることで、心から没頭してやりたいことをやれる。

没頭する時間を体感する上で、必要な時間はどれくらいかを把握することが重要。

その気持ちをしっかりと把握すれば、一日の時間配分を計算できる。

時間があってこそ、納得する時間を過ごせるようになる。

納得するにあたっての時間は、果たした自分にとってどれくらい確保できれば幸せになるか。

自分が過ごす時間をしっかりと把握することで、得られることは必ずある。

自分で決めた時間を、自分でどれくらい過ごせるかを考えるのは楽しい。

 

時間の価値を見直す

f:id:mubou_rakuzi:20200505090811j:plain

自分が生きる時間とは何か。

それを自分で問い直すことで、改めて自分で理解できることがある。

時間は過ぎれば、二度と戻ってこない。

その戻らない時間をどれくらい大切に思えるかで、時間との向き合い方は大きく変わる。

大きく変わることで、新しく自身の感覚を更新できるようになる。

感覚を更新できれば、新しい価値観に出会えるチャンス。

そのチャンスを自分で実際に気がつけるかで、これからの時間の使い方に革命を起こせる。

時間があれば、自分自身の経験値を必然的に高める土台を得られる。

人生を賭けて何をしたいか、それを自分で問い直すことで時間の価値を再確認できる。

 

まとめ

時間が足りない時には、自分が人生で何をしたいかを棚卸ししてみよう。

やりたいことを把握できれば、そこから逆算して時間配分を考えられる。

たとえ時間があったとしても、何をするか分からない状態であれば何も得られない。

その感覚を自分で確認することで、人生の豊かさを再構築できる。

時間を使って何をやりたいか。

時間は人生そのものであるから、自分が今何をやり遂げたいかを明確に考えることが大切。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる