MENU

小さな成功を積み重ねる 【現状を打開する思考】

f:id:mubou_rakuzi:20210131195802j:plain

自分の現状が納得できるものではない。自分の生き方に自信を与える考え方を知りたい。 

 
そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・自分の生き方に自信を与える考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、自分の生き方に自信を与える考え方をご紹介します。


  現代は様々な情報に接することで、自分の生き方に自信が持てなくなる雰囲気があります。


 

世の中が情報過多に陥ったため、自分がどんな生き方を選択すればよいのかが曖昧になっている気がします。




  情報に支配されるより、自分から能動的に人生を生きる心構えが大切になります。


 

この記事を読むことで、自分の生き方に自信を与えることができるようになります。 

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



自信はすでに自分の中にある


人が行動するなかで、心の土台が整っていることが大事になります。


  心の土台とは、自分を信じることです。


 

人はこれまで考えてきたことの延長として、今の人生を歩んでいます。 

 




成功かどうかは「自分」で決められる


自らの心を整えることで、自分を信じる出発点になります。


 

自信を養うには、日頃からの成功体験を重ねていくことが大事になります。




  成功を考えるとき、まず自分ができることから着手していく意識変革が欠かせません。


  自分の生き方に自信を与える考え方は、下記の3つです。


 

自分の生き方に自信を与える考え方
①他者との比較から離れる
②自分の内面に語りかける
③成功は大小関係ない 




  ひとつずつご説明します。




他者との比較から離れる


  他者の生き方と比べて、自分の生き方を否定することは、これからを生きる上でプラスにはなりません。


  

自信はコンテンツとして販売しているものではなく、その人の内面に宿るものです。




   誰かの生き方に心を奪われることなく、自分のことを信頼することを大事にしていきましょう。


  

自分以外の評価を生きる糧にしないで、自らの心の働きに日々集中することが大切です。 






自分の内面に語りかける


社会の常識に自分をそのまま当てはめると、自分で思考する時間を確保できなくなります。


 

一度まっ白な心になって、自分があるべき姿を想像することが必要です。




  あらゆることに自分の気持ちが囚われていると、本当に見つめるべきことが不透明になります。


 

人生を豊かにさせる生き方は、自らの心にヒントが隠されているのです。

 





成功は大小関係ない


自信を育てるには、今の自分を受け止めた上での行動が求められます。


  自分を正面から受け止めることで、今できることを小さく具体的に考えることができます。


 

成功体験を重ねるには、他者とって些細なことであっても気にする必要はありません。




  たとえ僅かな行動であっても、確かに理想に向かって前進できます。


 

その一歩の積み重ねが、自分の自信を育む大きな原点となります。

 




まとめ:自分の生き方に自信を与えることで、人生を前向きに歩んでいこう


  今回は、自分の生き方に自信を与える考え方をご紹介しました。


  自分ができることは、自分で考えて最善の道を選択していくことです。


 

自分なりの成功を日常から重ねることで、自分の生き方を少しずつ変えることが可能です。




今回は以上です。

あわせて読みたいnote